子供脱毛で利用する脱毛の種類とは

目安時間:約 2分

子供脱毛として取り入れている光の種類としては、フラッシュ脱毛と、ハイパースキン脱毛となります。フラッシュ脱毛は、大人の脱毛でも利用される脱毛となりますから、子供が施術を行う場合でも、大人と同じように、毛根に熱を加え、徐々に毛根にダメージを与えていくという方法となります。

 

フラッシュ脱毛は、毛根に高温の熱を加え、成長毛となっているムダ毛にダメージを与える事で、ムダ毛が生えてこない状態を作り出すのですが、ハイパースキン脱毛の場合には、休止期となっている発毛因子を、36度から38度程度の温度で、ダメージを与える事で、ムダ毛が生えてこない状態と作り出すことができる物となっています。

 

そのため、フラッシュ脱毛のように、肌に高温を与える事がありませんから、ハイパースキン脱毛の場合には、痛みを感じずに施術を受ける事ができ、子供脱毛にも向いているとされているのです。

 

ハイパースキン脱毛は、アトピー肌である人や、ニキビ肌、色黒である人、敏感肌の人でも施術可能となりますから、子ども世代でも安心して施術を行う事ができます。

 

ハイパースキン脱毛には、フォトフェイシャルを受ける時と同じような美肌効果も期待する事ができると言われていますから、子供脱毛だけではなく、親子で取り入れると良いでしょう。

 

ハイパースキン脱毛を取り入れているのは、ディオーネだけとなります。3歳から脱毛を行う事ができるのは、ディオーネだけですから、年齢が低い場合には、ディオーネでの脱毛がお勧めであると言えるでしょう。

 

 


この記事に関連する記事一覧

最新の記事
子供の脱毛は必要なのか?
子供脱毛に迷ったら
脱毛について調べる
子供の体毛の特徴
自宅で可能な子供脱毛の方法
子供脱毛をサロンやクリニックで受ける時の流れ
サロンやクリニックで可能な子供脱毛
施術を検討する
タグクラウド
メタ情報